効エネルギー日記

エネルギーの効率的利用を中心に、自分の考えを述べる。

■日本の発電部門排出係数

原発推進論者が喜ぶ数字が出された。日本の発電部門はCO2総排出量の約4割を占め、欧米と比べると発電時により多くの二酸化炭素(CO2)を出している。火力、原子力再生可能エネルギーという3つの電源構成の見直しが急務で、特に火力では石炭・石油の廃止が必要となる。石炭については既に幾つもの新設プロジェクトが停止になり、効率の悪い石炭火力は閉鎖されるものがあるのだが、再生可能エネルギーの設置量が欧米や中国に比べて少ないために、当面は石油かガス火力に依存せざるを得ず、発電部門からのCO2排出量を減らすのは至難の業となる。

国際エネルギー機関(IEA)のデータによると、主要国の1キロワット時当たりのCO2排出量は日本が18年時点で0.45キログラム。インドの0.74、中国の0.63に続き3番目に多い。インドと中国は経済拡大に向けて電力需要が拡大するのは避けられないが、両国とも風力発電の設置量を増強している。日本は風力発電の設置量が他国に比べて極端に低く、やっと洋上風力発電プロジェクトに力を入れ始めたところだから、この数字は世界から非難される可能性もある。また、日本政府が2030年度の温暖化ガス排出量を、13年度比で46%削減する目標を掲げてはいるが、その実現のためには、電力消費を抑制するという施策も必要になってくる。日本の2050年カーボンニュートラルの目標達成も絵に描いた餅になる可能性も高い。

一方、この数字から、日本に再エネ量の増加に期待できないとして、原発の新設、増設に向けた動きも勢いを得るだろう。日本は大きなジレンマの淵に立たされている。

 

f:id:YSER:20210502181342j:plain

日本の恥ずかしい位置づけ

 

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form

 

■大型船舶用「水素燃料エンジン」

水素が今後大量に使われるかどうかは、コストも重要だが、水素の燃焼特性をどれほど有効に利用できるか、輸送・貯蔵の問題をどのように乗り越えていくかが課題となる。その一つの動きがあった。川崎重工業、ヤンマーパワーテクノロジージャパンエンジンコーポレーションの3社は4月27日、外航・内航大型船向けに世界に先駆け舶用水素燃料エンジンを共同開発すると発表した。各社が2025年頃の市場投入を目指す。

発表によれば、純国産エンジンメーカーとしての技術を結集するコンソーシアムを結成し、舶用水素燃料エンジンを共同開発することに合意した。基礎燃焼解析や素材、シール技術開発、船級規則対応などの共通技術要素で連携を図る。

また、川崎重工業が中速4サイクルエンジン、ヤンマーパワーテクノロジーが中・高速4サイクルエンジン、ジャパンエンジンコーポレーションが低速2サイクルエンジンの開発に取り組むことで、船舶用主機・補機や発電用など、様々な用途に対応可能なラインナップを同時並行で完成させる。

関西電力岩谷産業(同)も2020年11月、水素燃料電池の利活用拡大と大阪・関西万博の一層の盛り上げを目的に、水素燃料電池を搭載した船舶の商用運用に向けた実現可能性調査(フィージビリティスタディ)を開始すると発表している。

船舶は世界的に排出ガスのクリーン化に規制が強くなっている。エンジンは船体の大きさと使用目的によって変わるが、設計の自由度は高い。また、重さの違いの許容度もある。世界的に水素の海上輸送が市場化しようとしていることから、これからも同様のプロジェクトが始まるだろうが、船舶に使われる燃料としての水素、あるいはアンモニアに期待される役割は大きいと思える。

 

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form

 

■難しい再エネ増強

米国のバイデン大統領は、地球温暖化ガスの排出を大きく抑制するために巨額の予算を設定している。しかし、この予算をもってしても、再エネの導入にはかなりの年数が必要となる。米国でも、太陽光は南部で均一にあるが、風力発電に適した地域は偏在する。しかも、電力の需要地は再エネの豊富な地域とは一致していないから、長距離の送電線を設置しなくてはならない。それには、設置する地域住民の同意を得る必要があり、これまでにも、多くの計画が頓挫している。その状況から見ると、一応の導電容量を確保するのに10年以上はかかるだろう。しかも、米国の送電網の中には老朽化している所も多く、その取り替えも含めると、必要な年数とコストは、米国の気候変動対応の目標達成をほぼ不可能にさせる可能性がある。

日本についても同じことが言える。今日報じられているが、電力広域的運営推進機関(広域機関)の有識者会合は28日、電力系統の長期整備方針(マスタープラン)に関する議論の中間整理を行った。再生可能エネルギーの導入状況などに応じて4つのシナリオで分析。連系線増強案は洋上風力などの立地を考慮した北海道~東京間のルート新設や九州~中国間の増強などを含み、コストは総額1兆5千億~4兆8千億円と試算した。マスタープランの最終版は2022年度中の策定を目指すとのことだ。マスタープランが具体化してから地元との折衝が始まるのだが、順調に進むとは考えにくい。

両国の対応策の一つとして考えられるのが、高圧直流幹線を設置することだ。直流は電磁波を出さないし、送電ロスも少なく、一つの開栓に必要な送電線の数も少ない。特に洋上風力発電の場合、海底設置となるから、殆ど全てで高圧直流送電が計画されるはずだ。米国の場合には陸上を走る高圧となるが、これも長距離送電となることから高圧直流が選択されるだろう。そして、景観の問題はあるが、電磁波を怖れる住民に対してはその心配がないことが、対応の難しさを軽減してくれるだろう。

温暖化ガス削減削減目標の達成には、送電線の新設が避けられない。どれほど迅速に計画を具体化できるかによって、目標達成ができるかどうかが決まるだろう。s

 

 

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form

 

■沖縄電力の新事業「かりーるーふ」

沖縄電力は旧電力の中で唯一原子力発電所を持たない事業者だ。そのため、政府の方針に沿ってCO2の削減をするとすれば、再エネの導入に力を入れざるを得ない。しかし、島の面積が小さい上に、離島が多く、そこで使われている発電機は全て化石燃料を使わざるを得ない。そこで考案したのが、離島の建物の上に無償で太陽光発電を設置し、蓄電池も併設する方式だ。これらを沖縄電力らがアグリゲーターとして統合管理することで、全体を一つの仮想的な発電所として機能させる。

ユーザー側は太陽光発電を設置する屋根を提供するだけで、設備のみならず運用に関しても一切の費用負担が無いのが大きな特徴だ。その代わり、発電した電力は沖縄電力のものとなるが、ユーザーはこの電力を割安な価格で購入することができる。災害時など系統電力の供給が止まった際は、太陽光と蓄電池からの電気を利用可能だ。契約期間は15年だが、希望により延長も可能。なお、かりーるーふを構成する設備機器は、沖縄新エネ開発が所有し、保守を行う。一部を除き、ほぼすべての機器が屋外に設置される。

離島の電源として利用されるために、需給バランスがうまくとれなければならないため、蓄電池の運用に力を入れることになる。屋根貸し方式は本当でも各地で行われているが、蓄電池を重要視するのは沖縄での特色だろう。「かりー」には、沖縄の方言で、縁起が良いや目出度いという意味があるようだが、良いプロモーションになっているようだ。沖縄は台風に襲われることが多く、停電対応が課題だが、その意味でこの「かりふーふ」に設置される蓄電池が、非常時に使われることが期待されて、予想以上の申し込みがあるらしい。4,5kWhの容量があるために、通常の家庭なら2日間は使えるようだ。うまく売り込みができれば、その離島全体の電力供給がマイクログリッドで行われることになる。実証モデルとしても意味があるだろう。

 

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form

 

■40年超の原発再稼働へ

運転開始から40年を超える福井県内の原子力発電所3基を巡り、同県の杉本達治知事は28日午前、再稼働に同意すると表明した。再稼働に必要とされる地元同意の手続きが完了したことになり、東京電力福島第1原発の事故を受けて「原発の運転期間は原則40年、最長20年まで延長可能」とするルールができて以降、全国で初めて40年を超える原発が再稼働する。

対象は関西電力美浜原発3号機(美浜町)と高浜原発1、2号機(高浜町)。原発のある2町はすでに同意しており、福井県議会も23日に容認していた。杉本知事の判断が焦点になっていたが、杉本知事は28日の記者会見で「総合的に勘案して再稼働に同意することとした」と述べた。同日中に梶山弘志経済産業相へ伝えることになっている。

国は40年超の1発電所あたり最大25億円の交付金の支給や、新産業創出などを含めた将来像を議論する「立地地域の将来へ向けた共創会議(仮称)」の設置を決めるなど、福井県の理解を得ようと環境を整備した。梶山経産相は1発電所あたり最大25億円の交付金の支給を改めて提示し「将来にわたり原子力を持続的に活用する」と述べている。

40年を超えても、原子炉が取り換えられるわけではない。材質の劣化の判定や制御システムの改良などがどのように行われているかは分からないが、原子炉の安全性については未知のことが多すぎると考えている。また、稼働を継続することによって、使用済み核燃料の増加が止まらなくなる。現時点では、他の場所へ移動させて処理をすることになっているが、その場所も決まっていない。どの地域もこの受け入れに同意するところはないだろう。森本関電社長は候補地について2月、「23年末に確定できなければ(40年超の)3基を停止する」と説明しており、関電は引き続き難しい課題を抱えることになる。

 

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form

 

■レアメタル不要の電池

日本製紙は世界的に需給が逼迫するレアメタルを使わない高性能電池の開発に乗り出すと報じられている。木質材料を使い、容量は現在主流のリチウムイオン電池の約2.5倍となる。まず再生可能エネルギー向け蓄電池としての利用を目指し、将来は電気自動車(EV)での採用も狙う。実用化すれば脱炭素に欠かせない高性能電池の安定生産につながると紹介されている。

電池にレアメタルを使うのは必然だと思っていたが、そうではなかったようだ。EVが採用するリチウムイオン電池太陽光発電所に使う蓄電池はコバルトやリチウムなどのレアメタルや鉛などを使う。レアメタルは埋蔵地や生産地が限られているうえに需要が急増しており、2021年2月にコバルト価格は約2年1カ月ぶりの高値を付けた。

日本製紙は木の繊維をナノ(ナノは10億分の1)メートル単位にまでほぐした「セルロースナノファイバー(CNF)」を使い、東北大学と共同で開発する。同大の福原幹夫リサーチフェローが、CNF表面にあるナノ単位の凹凸部が電子を吸着することを発見した。CNFを使った電池は世界で初めて。CNFを積層することで蓄電効果が出ると説明されているが、もしこれが、従来の電池と大きくは変わらない性能を示すとすれば、レアメタルを産出しない日本にとって、大きな朗報となる。

同社の説明では、蓄電性能を示す重量エネルギー密度は、リチウムイオン電池の約2.5倍となる1キログラムあたり500ワット時を目指している。25年にも提案営業を始めるという。当初は太陽光発電パネルの裏に設置できる横1メートル、幅1.6メートル、厚さ1.3ミリメートルの蓄電体(3.2キログラム)を開発する。蓄電部分には人体に有害な鉛やカドミウム、水銀、硫黄を使わず、廃棄処分も容易になる。電極にはアルミニウムの使用を想定している。新たな蓄電池は固体と気体の電気二重層という物理現象を応用し、従来の電池より素早く充放電できるということだが、これは製品化した段階でしか分からないことだ。

いずれにしろ、レアメタルを使わない蓄電池が従来の電池と同様の性能を示すとすれば、ノーベル賞が貰えるくらいのものではないだろうか。

 

 

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form

 

■英国の経済、急速に回復予想

今日のガーディアンが報じているが、新型コロナウイルスの影響を脱して、英国の経済成長は、今年の初めにはGDP5%の伸びだと予測されていたものが、急速に上昇し、年間6.8%の伸びを示すと予測されている。この数字は、1941年の第二次世界大戦終了時に示された数字を上回るものだという。ワクチンの接種も進んでロックダウンもほとんど解消し、市民もコロナの影響から脱しつつあるからのようだ。また、2020年に英国経済が9.8%縮小した状況に合ったものから上向きに転じたことを示している。来年の半ば頃には、これからの消費回復に支えられて、パンデミック前の経済のピークを越えるだろうとしている。

英国政府が、経済支援策をこの秋まで延長させたことも効果を出している。雇用の下支えになっているからだ。失業率も予想よりかなり低くなると予想されている。これまで7%に達すスト予測されていたものが、2021年末までに5.8%で済みそうだという。さらには2022年末には4.5%に下がると予想されているが、コロナによるパンデミックが起きるまでの失業利率は4%だったから、そのレベルに戻るということだ。

この記事に出てはいないが、英国のエネルギー消費も上昇するだろう。だが、現在洋上風力発電の建設が急拡大しているから、温暖化ガスの排出量が上昇することにはならないだろう。

日本はまだこのような予測ができるほどコロナによる影響から脱してはいない。日本のコロナ患者数が早く減少の方向に向かってほしいと切にねがうところだ。

-------------

家族の一人がやっている猫、鳥、犬などをモデルにした手作りアクセサリーのご紹介。

https://minne.com/@plusme

https://www.creema.jp/listing?q=plus+me+accessory&active=pc_listing-form